結婚式をしない代わりにほしかった指輪が私の元に。

主人と結婚することを決めて、周りから祝福されたのはよかったのですが、結婚式をどこでするのか?でかなり悩みました。私と主人の故郷はかなり離れていて、お互いの故郷で結婚式を2回するのか?それとも中間地点でするのか?かなり悩みました。そしてもう結婚式はしない、その代わり、婚約指輪として私がほしい指輪をプレゼントするということに収まりました。

婚約指輪はお給料の三か月分とは昔の話で、今はそういう目安はないと言われました。ですが、主人は式を挙げないのだからきちんとしたものを贈りたいと言ってくれて、私が大好きなお店で買ってくれました。ずっと独身の頃から憧れていたお店だったので、本当にうれしくて感激しました。お店の方に式を挙げない話をすると、今はそういうご夫婦も増えている、と言うことを話されていました。そして少しお値段のはった指輪を紹介してもらいました。

普段から使えるようにあまりごつごつした主張の強いデザインのものではなく、滑らかにカットされた女性らしく可愛らしいデザインのダイヤモンドを選びました。そしてもし今後指のサイズが変わっても、きちんとサイズ直しができることも考えて選びました。

式を挙げないことでいろいろ言われたりもしましたが、ずっと夢見ていた婚約指輪をもらえたので私はとても幸せでした。今も後悔はありません。あの頃の純粋な気持ち、感謝する気持ちを忘れないよう、ダイヤと同じように曇りのない心をいつも心がけたいと思っています。